2番目...

桜が咲きました☆
とっても綺麗で優美な桜。
見ていると気持ちが穏やかになります...

そんな綺麗な桜に見送られるように...
3月30日、15時30分頃
クッキーが永い眠りにつきました...

 








池ちゃんの愛犬ポー君が他界してから
まさかこんなに早くクッキーが旅立つとは...

犬を飼うなら鼻が尖っている犬!
例えば…ヨークシャテリアやポメラニアンやダックスフンドetc ...
そう心に決めていた私が、
ペットショップでクッキーと出会って考えが一変しました(◎o◎;)

あの時確かクッキーは4ヶ月近かったのかな...?
ケースから出されたクッキー☆
既に体も結構大きくて...
でもとっても愛嬌があって可愛かった(^_^)♪
クッキーの鼻は私の理想だった鼻とは違って...ぺシャ!
その鼻がまた可愛さをアップさせていて...(^^;)か・かわゆい

次の瞬間には「この子に決めました!」と
お店の方に言っている自分が居ました(*^o^*)

これからクッキーとの生活が始まる♪
犬を飼うのは初めてだったので、
少し不安を抱えつつ、ウキウキしていました(~o~)ドキドキ

でも...
ちょうど受験期だった私。
おまけに仕事も忙しい。
そんな中でどうやって面倒を見るのか...と母親は猛反対。

可愛いクッキーを手放す事は出来ずに、
一週間、自分の部屋で隠すようにして飼っていました。
「その内、クッキーの可愛さに母親も負けるだろう」なんて思いつつ...
結果は...駄目でした。
泣く泣く、里子に出す事に...

それでも諦めきれずに
「いつかは返してもらおう!」と
心の中でひっそり...(^^;)>ハハ...
だから里親は近い所に住んでいる人!
それが条件でした。

里親のおばさんはとっても優しくて、
クッキーの事を本当に可愛がってくれました(^−^)

もともと気が優しくてのんびりな性格のクッキー。
おばさんの影響で、さらにのんびり屋さんに(笑)
おばさんの所ですくすく成長して行くクッキーを見ていて
いつしかクッキーを返してもらう事など考えなくなっていました。

たった一週間...
クッキーと一緒に過ごした時間はたった一週間でした。
でもクッキーは私の事を忘れる事はなく、
いつ会っても尻尾フリフリ、喜んでくれました♪
嬉しかったな〜(T〜T)ウンウン

それから一年後、
クッキーのお嫁さんとして、クリームを迎えました(^−^)♪
しか〜し!
クリームは完全にクッキーに嫌われ(>_<)
私のクッキー&クリーム夫婦誕生♪の企みは撃沈...(T〜T)トホホ


手放してからもクッキーに会いたくて
よく仕事場に連れて行ったな〜

番組にも出演したし、
私の2ndシングル「ツレちゃんのゆううつ」では
声出演やパンフレット出演までしているクッキー♪









話は尽きない...

3月29日。
大体仕事で私が泊まりの時は
クリームをおばさんの所に泊めてもらう。
この日、朝クリームを連れて行くと、
クッキーがいつもにも増して「はねちゃんはねちゃん♪」と
尻尾をフリフリ寄って来た。
「クッキーおはよう!」と頭を撫でてあげる。
いつもなら大体それで満足するのだけれど、
この日は違った...
大きな目で私を見て、私からなかなか離れない。
暫く撫でてクッキーの傍に居ました。
もっと居たかったけれど、電車に遅れてしまうから...
おばさんの家の玄関のドアを閉めるまで
クッキーは玄関で私を見送ってくれていました。

最近、突然意識を無くしたり、痙攣発作を起こしたり、
クッキーの体調が悪い事を聞いていたせいもあり、
私の中で、小さく小さく何かを感じました。

30日。
クリームを迎えに行くと...おばさんがか細い声で
「クッキー死んじゃった」と...
一瞬目の前の事が全て夢のように思えました。
タオルに包まれ、
昔遊んでいたおもちゃに囲まれてクッキーは眠っていました。
目が開いていた...

もう二度と、「クッキー♪」と呼んでも
尻尾を振る事も、
ピョコタンピョコタンと
クッキー独特の歩き方で近寄って来る事もない...

暫くクッキーを抱いていました。
昨日クッキーは、
「はねちゃんバイバイ」って言ってくれたんだ...
呆然とした中で、「昨日もこうして抱いてあげれば良かった」と
何度も何度も後悔していました。







15歳5ヶ月。
クッキー安らかにね..
今まで沢山の幸せをありがとうね!
そしておばさん、
今までクッキーを愛してくれて 素直な良い子に育ててくれて
本当にありがとうございました!


erika-haneda * クッキー * 23:35 * comments(13) * -

クッキー!!

皆さん忘れているかも知れませんが 
羽田が生まれて初めて飼った愛犬のクッキーです。




立派に育ってくれました。



雑誌&レコーディング&CDのプロモーションチラシなど
色々な所で活躍してましたが 母親の反対や仕事の忙しさに
負けて いつしか里子に・・・。





こんな事もしてました。





最初はテレビ番組の賞品で《シべりアンハスキー》のはずでしたが
幾らなんでも飼えないと言う事で ペットショップにお願いして
小型犬にして頂きました。
用意出来たと知らせを受けて見に行ったら この子が居て
少し考えてる羽田に向かって<抱っこ>をせがんだこの子を見て
羽田が負けた感じでした。(本当はパグが良かったらしい・・・)




カットしないとこんな感じです。





今ではクッキーも年を取り たまに会に来る羽田とクリームに
尻尾を振ったり 怒ったり。
それでも羽田の事を忘れずに覚えてるって凄いよね〜!

2匹が仲が良ければ最高だったんだけどね〜。





この仲が続かない・・・。





ここまで立派に育ててくれた里親さんに感謝です!!
これからも宜しくお願いします!!

ike * クッキー * 12:46 * comments(0) * -
このページの先頭へ