<< 良い天気♪ | main | 大事な仲間。 >>

安らかに...

私の愛犬クリームの事は紹介しているので
もう皆さんも知っていますよね?

実はマネージャーの池ちゃんも愛犬家♪



種類はヨークシャテリア。
名前がポパイ。
私はポー君と呼んでいます(^v^)
19歳6ヶ月と言う長生き犬!!!!!!
(2007.1.16撮影)



だったのです....

あと6ヶ月で成人式に出れる年齢だったのだけれど...
2月13日、夜7時40分
ポー君は長い旅に出ました...

とっても小さくて、
甘えん坊で...賢い!
池ちゃんの事が大好きで、いつもベッタリでした。

ポー君って呼ぶと、耳をピン!と立てて飛んで来る。
ペロペロ私の事を舐めて、
撫でていないと、カリカリおねだりしてくる。
とっても可愛い男の子でした。

池ちゃんの愛情に包まれて...19年6ヶ月。
頑張ったね、ポー君。

火葬に立ち会いました。
焼き釜から骨が出てきた時には、涙が込み上げて来ました。
白くて綺麗な骨。
でもとっても細くて...
よくこんなか細い骨で生きていたな...としみじみ感じた瞬間でした。

ポー君、
安らかに眠ってね....
そして雲の上から、池ちゃんを見守ってあげててね...

今回は悲しい内容のブログになってしまったけれど、
どうしても書きたかったのです。
池ちゃんとポー君の素敵な想い出の為にも...

erika-haneda * プライベート * 19:45 * comments(7) * -

コメント

CoCoちゃんがデビューする前からポー君が居たのですね…私も去年12月31に飼っていたフェレット(名前はジャルが)亡くなりました。フェレットの寿命は5年ぐらいなのですがジャルは6年9カ月病気ひとつしないで元気に過ごしくれました。ありがとうジャル☆
Comment by りっちゃん @ 2007/02/15 11:45 PM
長年一緒に過ごしてきたペットがいなくなるのは悲しいですよね。私もペットを飼っているのでよくわかります。最後まで可愛がってもらって、その子も幸せだったと思いますよ!
Comment by みゃすけ @ 2007/02/16 11:06 AM
『死』って、人とか動物とか関係なく悲しいですよね…。

はぐくまれてきた愛情の分だけ悲しくなっちゃう。

でも、それだけその相手と素敵な時間を過ごせてきたという

『証』でもあるんですよね。

実家の両親がペットを飼うのが好きで

ワンやニャンが常に家にいる状態。

したがって、死に目に遭うこともしばしば…。

あの姿を見ると、飼うのが怖くなるときもあります。

でも、結婚して家を持ったら、

ニャンを飼うんです! 決めてるんです!

それまでは、野良猫とじゃれて遊んでます。
Comment by トモキ @ 2007/02/16 11:27 AM
 愛犬ポパイ(ボー君) 安らかに (・・,) グスン

池さんと愛犬ポパイと過ごした長い月日の中で沢山の楽しい想い出を、いっぱい残してくれたと思います。

しばらくは、寂しいと思いますが、ポパイとの想い出を胸に、元気を出して下さい。

ポパイは、星に☆なっていつまでも、池ちゃんを見守ってくれています。



Comment by ミノル @ 2007/02/16 9:26 PM
この書き込みを拝見させていただいて、胸が苦しくなりました。私の実家では12年間セキセイインコを飼っていました。なぜかラーメンが大好物な変なインコでしたが、学生時代辛いことがあるといつも癒してくれる存在でした。私が30歳の時、死んでしまったのですが、実家から連絡を受けたあと、奥さんの前で大泣きしたのを今も覚えています。
池ちゃんしばらく辛いと思いますが、元気を出してくださいね。いつまでもポパイとの素敵な想い出を憶えていれば、いつまでもポパイは、見ていてくれると思いますよ。
Comment by なかしん @ 2007/02/17 1:23 AM
なんと書き込んで良いのか・・・
こういうことは胸が苦しくなります。
ikeさんは大丈夫ですか?
一緒にいることが当たり前だったんですもの・・・辛いですよね。
頑張らなくていいですから一緒に過ごした思い出ごと前に進んでいってほしいです。
人事ではないですから・・・
うちにも「なな」というまめ柴犬がいるんですが
まだ13年ですが・・・
うちに家族にとってかけがえのない存在なんです。
なんと言葉を書いて良いか分からないけれど
ハネさんが側にいるんですから・・・
きっと、いつまでもポパイ君はikeさんの側にいつものようにいると思いますよ。
Comment by kogepan @ 2007/02/17 2:25 PM
自分も14年間 一緒に暮らしていたコ(武空{ぶくう}♂)がいました。

寝る時もご飯を食べる時もお風呂もトイレも
いつも一緒だったんですがフィラリアで死んでしまいました。

苦しみながらの死でした。

目の前で苦しんでいるのに何もしてあげられず時間だけが過ぎて
苦しさで耳も聞こえず目も見えない状況でも必死で自分を探してくれて
手を握ると涙を流しながら逝ってしまいました。

しばらくはつらい状況が続きましたけど
そんな時 心の支えになってくれたのはCoCoでした。

 ハネさんが苦しい時や悲しい時は 自分たちが支えになります。

何かを乗り越える時の強さと勇気はきっとこれからの人生の
糧になりますよ。


 頑張って下さい!
Comment by オーガ @ 2007/02/22 9:56 PM
コメントする









このページの先頭へ